当日に脱毛施術!その日に脱毛できるサロンは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

日焼けをしている

どの脱毛サロンでも日焼けをしていると当日施術を受けることができません。
日焼けをしている限り、脱毛を受けられないので、脱毛期間中はしっかりと日焼け対策を行ってください。
では、どうして日焼けをしていると脱毛を受けられないのでしょうか?

現在、どこの脱毛サロンも光脱毛で施術を行います。
光脱毛は黒い色素に反応する特殊な光を肌に照射して、毛根にダメージを与えるという脱毛方法です。
肌が正常な状態だとムダ毛にだけ反応しますが、日焼けをしていると肌にも反応してしまいます。
そうするとやけどをしてしまう危険性があるので、安全面を考慮して日焼け肌への施術を断るところが多いです。

さらに日焼け肌に光を照射しても毛根まで熱が伝わりづらいため、効果が弱くなってしまいます。
これも日焼け肌だと脱毛を受けられない理由のひとつです。

稀に日焼けをしていても脱毛OKというエステサロンもありますが、
やけどをしてからでは遅いので利用しない方がいいでしょう。
そもそもこのようなリスクがあるのにも関わらず、施術をしようとする脱毛サロンは信用できません。

また、肌があまりにも乾燥している、アトピーで肌がボロボロ、湿疹や切り傷があるといったケースも
当日施術を断られる可能性が高いです。

ムダ毛を剃っていない

ムダ毛の剃り忘れが原因で当日施術ができない場合もあります。
当日施術の予約をすると「ムダ毛の剃っておいてください」とお願いされるはずです。
これはムダ毛が伸びていると毛根に上手くダメージを与えることができなかったり、脱毛時の痛みが強くなってしまうからです。

以前までは自己処理をしていなくてもサロン側が剃ってくれるケースも多かったですが、
今は事前に行って来店するのが常識になっています。
安全かつ十分な脱毛効果を得るためには2mm程度の長さまで処理する必要があります。
当日だと肌への負担が大きくなるので、前日もしくは2日前に自己処理をしておきましょう。
少しでも剃り残しがあると脱毛をしてくれないところもあるので、行く前にもう一度確認してください。

お金を払えば、サロン側が剃ってくれる場合もありますが、無駄な出費を増やさないためにも
きちんと自己処理をしておくのが得策です。
剃り残しを注意されることも考えて、シェーバーを持って脱毛サロンに行ってください。

また、毛抜きを使っての自己処理はNGなので気をつけましょう。
毛抜きで自己処理をすると毛根が抜けてしまい、本来の脱毛効果を得ることができません。
自己処理はシェーバーで行うのが基本です。
カミソリだと肌を傷つける恐れがあるため、できれば電気シェーバーを使ってください。

生理中・妊娠中

生理中も妊娠中もホルモンバランスが変化しているので、本来の効果を得るのが難しいですし、
痛みも大きくなる可能性があります。
中には生理中でも施術を受けられるところもありますが、妊娠中は基本的に断られます。
当日施術の予約日に生理がきたり、妊娠をした場合は事情を説明してキャンセルされてください。

生理中でもOKという脱毛サロンでも衛生面の心配があるのでデリケートゾーンの脱毛は断られます。
できたとしてもワキや膝下、肘下といったデリケートゾーン以外です。
脱毛サロンによって生理中にできる部位や生理中の対応が異なるので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。
理由が何であれキャンセルした場合、キャンセル料を請求されることもあります。
こういった脱毛サロンはリスクが大きいので避けるようにしてください。

妊娠中に脱毛をすると胎児に悪影響を与えるイメージがあるかもしれませんが、それは心配しなくても大丈夫です。
脱毛機から照射される光が胎児に影響を与えることはありません。
生理中と同じようにホルモンバランスの関係でNGにしているだけです。
また、妊娠をすると嗅覚が敏感になるため、エステサロンのニオイで気持ち悪くなる危険があります。
これも妊娠中の脱毛を禁止している理由のひとつです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket